ジャムウの美容レシピ|ハーブパワーで美の推進

女性

肌の奥深くに浸透しやすい

紫外線ケアにも有効な成分

女性

よく知られているようにビタミンCは活性酸素を取り除いたり、美白効果を引き出したり、あるいはコラーゲンの生成を促進させたりと様々な美容に良い効果がある一方、水溶性が多いため不安定な点がネックでした。このビタミンCを誘導体化させて、肌の奥深くに届けやすくしたのがビタミンC誘導体配合の化粧水です。これらの化粧水を用いることで、複数の美容効果を望めますが、中でも工夫して用いたいのが紫外線ケアとしての活用です。ビタミンCはシミの元となる酵素、チロシナーゼの働きを阻害する役割があります。このため紫外線によって起こりやすいシミの予防や解消にも役立ってくれます。特に日差しの強い夏場は、紫外線ケアとしてビタミンC誘導体入りの化粧水は欠かさず用いたいところです。

水溶性と脂溶性の各利点

肌への浸透力が通常のビタミンCよりも高いのが、ビタミンC誘導体入りの化粧水です。さらにビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性が存在しており、2つの利点について把握した上で化粧水を選ぶテクニックが有効です。まず水溶性ビタミンC誘導体ですが、特徴として短期間で肌に吸収されやすく、即効性があります。また脂性肌の方の油分をコントロールできるので、肌が脂質でべたつきやすい方にも水溶性ビタミンCは必須です。一方、脂溶性ビタミンC誘導体は水溶性に油分を結合させたもので、肌への刺激が少なめで、表皮に長く留まるため肌に確実に浸透する利点がありますが、浸透そのものは遅くなります。ビタミンC誘導体化粧水を選ぶ場合には、水溶性と脂溶性の両方のビタミンC誘導体がバランスよく配合されている化粧水を選ぶのがベストです。そうすることで、水溶性と脂溶性ビタミンC誘導体の両方の利点を得られるためです。

Copyright©2015 ジャムウの美容レシピ|ハーブパワーで美の推進 All Rights Reserved.